正看護師と准看護師の違い

正看護師と准看護師の違い

正看護師と准看護師の違い

正看護師と准看護師の違いは資格が違います。正看護師は看護師の国家資格に合格しなければなりません。准看護師は都道府県知事免許です。准であり、准看護師が看護師を名乗ることは法律上できません。

 

また、業務上も准看護師は医師、または看護師の指示により業務をすることが法律で定められています。独自の判断で業務をすることができないのです。そのため、医療チーム内での位置づけも准看護師は正看護師の下になります。給与体系も違い、キャリアも制限されてしまいます。

 

師長や副主任にすらなれない病院がほとんどです。学習内容も違います。仕事内容はほとんど同じことをしますが、准看護師は技術中心に学びます。正看護師は技術に加え、看護師としての科学的根拠に基づく思考力と判断力、社会における看護師としての役割についてまで学びます。

 

経験を積めば能力の差などなくなりますが、資格の違いでキャリアに大きな違いがでてくるので、准看護師になった後に正看護師を目指す方も多くいます。准看護師の免許をとり、その後正看護師になるには看護師養成学校などで学び、看護師国家資格に合格するか、准看護士として10年以上実務経験がある方は通信制の看護師養成学校で学び、国家資格に合格する必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ