助産師の業務

助産師の業務

助産師の業務

助産師の業務は出産をする妊婦さんが無事に赤ちゃんが産めるようお手伝いをする仕事になります。簡単にご説明すると、助産師の業務は出産に立ち会い、これから生まれてくる赤ちゃんを取りだして上げる仕事です。通常助産師が勤める場所は、主に大学病院や総合病院、もしくは助産院や地域の保健センターなどが挙げられます。

 

助産師になるためには日本全国に数少ない助産師学校を卒業することが第一の目的ですが、その難関を得て、唯一看護職務の中で「助産師」だけが開業が許されているので、ある程度経験を積んだ後独立する事も可能です。助産師は男女平等にと言われている中でいまだに女性しか助産師の資格を取得する事が出来ません。

 

ということは助産師の業務は医師以上に妊婦の生活にとても密着し、女性である目線から妊婦にアドバイス出来る重要なポジション、つまり助産師の業務は妊婦には不可欠だということになります。助産師の業務には、助産師は看護資格も得ている為、病院勤務の場合は看護師の業務も兼任する事も多々あります。

 

助産師の業務はとてもハードな仕事内容だと言えます。

ホーム RSS購読 サイトマップ