患者からの暴力とセクハラの実態

患者からの暴力とセクハラの実態

患者からの暴力とセクハラの実態

最近の統計によると、医療従事者の4割〜5割の人が患者さんからの暴力やセクハラを受けた経験があるそうです。医療機関での暴力で考えられる関係は、「患者(もしくは親族)から職員」、「職員から患者」、「患者から患者」、「職員から職員」等が考えられます。患者からの暴力やセクハラには要因があります。

 

まず、もともと悪意の無い患者が待ち時間や職員の対応に対して不満を持った場合が考えられます。次に、患者が急に亡くなった場合の親族からという場合もあります。また、疾患の症状として暴力等につながるケースもあります。ほとんどの患者は、そのようなことを起こしませんが、1%程度の確率で悪質な方がいるのも確かです。

 

医療機関で暴力団の方が騒ぎを起こしたというニュースもメディアで何度も取り上げられていますね。その対策として、病院内に「暴力団お断り」のポスターが掲示されている場合もあります。病院として具体的に暴力やセクハラを無くしていこうという対策が必要です。

 

例えば、意見箱を置くことで患者さんの意見を聞くというのも解決策になる場合もあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ